スポンサードリンク

中性脂肪と生活習慣病

中性脂肪が少ない人はいいですが健康診断などで高めの値が出た方は病気にも注意したいものです。例えば「生活習慣病」という言葉は、自分自身が求めて、自分の責任で行っている生活習慣が原因で発症する病気という意味です。つまり、生活習慣病という言葉には「体の負担になる生活習慣」を続けることによって引き起こされるのですという主張が込められているのです。
原因は中性脂肪が高いというのもありますが、もちろん、生活習慣病の原因には、生活習慣以外の遺伝的素因や環境もかかわってきますが、それよりも普段の生活習慣によるものが大半でしょう。さて、生活習慣病の中心には、国民死亡統計の上位を占めるがん、心臓病、脳卒中(脳血管疾患)疾患などがあります。
中性脂肪やコレステロールを下げるためには、よい食生活(健康によい食物を適量にまんべんなく摂取し、摂取エネルギー量を制限し、健康に望ましくない食塩や脂肪また嗜好品などをなるべく減らす)や適当な運動(からだにまんべんなく刺激を与え、過度の負担にならない全身運動を一定時間続ける)など望ましい生活習慣を身につけることによって予防できるのが特徴です。一次予防のためにも生活習慣の改善が望まれます。日本人の三大死因の中で一部のがん(肺がん・胃がん・大腸がんなど)、心疾患(狭心症や脳卒中などの虚血性心疾患)脳血管障害(脳卒中)や、そのリスクファクターである高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などが、生活習慣病といわれています。生活習慣病は徐々に進行していき症状がかなり悪化するまで、ほとんど自覚症状がないのです。そのため、異常に気づいたときにはかなり進行していたり、治りにくく、他の病気も併発しやすいという性質があります。主な生活習慣病予防、改善対策としては次の通りになります。肥満は メタボリックシンドロームと深い関係があります。まずは過食や運動不足などの悪い生活習慣を改め、特に糖分を控えて肥満を解消しましょう。
1栄養バランスの良い食事、2適度な運動、3十分な睡眠、4ストレスの上手な解消の大きく分けると4つになります。なかでも特に食生活の改善と運動不足の解消が、中性脂肪を下げ生活習慣病の大きな引き金となる肥満の解消には有効です。なかなかできない当たり前のことですが頑張って実践していきましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4002315

スポンサードリンク