スポンサードリンク

中性脂肪、内臓脂肪を下げる運動

中性脂肪を下げるには薬や食事対策もありますが、自分で運動をしながら下げるのも効果的です。軽いジョギングは、言うまでもなくダイエットや運動不足解消、肉体改造のための脂肪燃焼運動としては、定番中の定番です。簡単に取り組めるし、道具もいらない。しかも、ひとりでできます。最近では、脂肪燃焼効果の高いアミノ酸飲料のCMでも、軽い運動の象徴として、ジョギングをしている姿がよく利用されまていますよね。血液検査で中性脂肪、コレステロールが高いと言われた方も食事も大事ですが運動をして下げてみるのもよいでしょう。
では、ジョギングの正しいフォームをご紹介します。まず頭をあげ、前を見ます。そうすれば、背筋が自然と伸び、足腰だけに頼った走りを防ぐことができるので、腹筋や背筋などカラダ全体を使って走ることができます。そして腕をしっかり振ってください。前への推進力を助けてくれるので、足への負担が軽減できます。着地はかかとから。それから、足全体で地面をなめるように最後は、つま先でカラダを前に蹴りだすように地面を蹴ります。はじめはゆっくり歩くくらいのスピードでフォームを確かめながらやると、しっかりとしたフォームが身につきやすくなります。フォームをしっかり意識し、マイペースで走ることができれば、酸素が体内に十分に取り込まれ、脂肪をしっかり燃焼してくれます。特にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の主要因である中性脂肪、内臓脂肪は、運動すると一番先に燃える脂肪なので、運動不足解消やダイエット効果はもちろん、生活習慣病の予防や対策にも効果的です。最後に、ジョギングを続ける上でのワンポイントアドバイス。

続きを読む

中性脂肪とカロリーコントロール

中性脂肪が高めの方にはダイエットが効果がある場合がありますので基本について説明についての説明です。突然ですが、「ダイエット」という言葉で何を連想しますか?痩せるばかりではありません間違った意味のないダイエットをしないためにも、中性脂肪値やコレステロールを下げるためにもダイエットの目的と基本を把握することは大切だと思います。
実は、カロリーコントロールが、健康な体やダイエットの基本といわれています。また、本来、カロリーコントロールとは、生活習慣病の予防と治療を目的としています。中性脂肪やコレステロールの高い人にも下げるためには大事なものだと思います。計画的にカロリーの摂取等を調整するのです。
医学的根拠に基づく摂取カロリーと体内カロリーの調整を行うことを基本とするために、大きな効果を期待できるのです。注意点ですが、ダイエットのためにカロリーコントロールを行うことは、効果的ではあるのですが、実は、問題点もあるのです。中性脂肪を自分の方法だけで解決しようと、なんら知識も得ずに安易に大幅な摂取カロリー対策を行った場合には、体内の生きるために必要なカロリーをも激減させ結果、体内のバランスを崩し、危険な病気の誘発し、死に至らしめる事さえあるのです。自己判断によるで間違った中性脂肪を下げるためのカロリーコントロールの実行はしないようにしましょう。続きを読む

メタボリックシンドローム

中性脂肪やコレステロールが高い原因には、生活習慣以外の遺伝的素因や環境もかかわってきますが、それよりも普段の生活習慣によるものが大半となることが多いです。中性脂肪やコレステロールが高い場合に発生する生活習慣病の中心には、国民死亡統計の上位を占めるがん、心臓病、脳卒中(脳血管疾患)疾患などがあります。生活習慣病は、よい食生活(健康によい食物を適量にまんべんなく摂取し、摂取エネルギー量を制限し、健康に望ましくない食塩や脂肪また嗜好品などをなるべく減らす)や適当な運動(からだにまんべんなく刺激を与え、過度の負担にならない全身運動を一定時間続ける)など望ましい生活習慣を身につけることによって予防できるのが特徴です。一次予防のためにも生活習慣の改善が望まれます。
肥満症や高脂血症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、「肥満」特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満といいます)が原因であることがわかってきました。このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といいます。続きを読む

中性脂肪と生活習慣病

中性脂肪が少ない人はいいですが健康診断などで高めの値が出た方は病気にも注意したいものです。例えば「生活習慣病」という言葉は、自分自身が求めて、自分の責任で行っている生活習慣が原因で発症する病気という意味です。つまり、生活習慣病という言葉には「体の負担になる生活習慣」を続けることによって引き起こされるのですという主張が込められているのです。
原因は中性脂肪が高いというのもありますが、もちろん、生活習慣病の原因には、生活習慣以外の遺伝的素因や環境もかかわってきますが、それよりも普段の生活習慣によるものが大半でしょう。さて、生活習慣病の中心には、国民死亡統計の上位を占めるがん、心臓病、脳卒中(脳血管疾患)疾患などがあります。
中性脂肪やコレステロールを下げるためには、よい食生活(健康によい食物を適量にまんべんなく摂取し、摂取エネルギー量を制限し、健康に望ましくない食塩や脂肪また嗜好品などをなるべく減らす)や適当な運動(からだにまんべんなく刺激を与え、過度の負担にならない全身運動を一定時間続ける)など望ましい生活習慣を身につけることによって予防できるのが特徴です。一次予防のためにも生活習慣の改善が望まれます。日本人の三大死因の中で一部のがん(肺がん・胃がん・大腸がんなど)、心疾患(狭心症や脳卒中などの虚血性心疾患)脳血管障害(脳卒中)や、そのリスクファクターである高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などが、生活習慣病といわれています。生活習慣病は徐々に進行していき症状がかなり悪化するまで、ほとんど自覚症状がないのです。そのため、異常に気づいたときにはかなり進行していたり、治りにくく、他の病気も併発しやすいという性質があります。主な生活習慣病予防、改善対策としては次の通りになります。肥満は メタボリックシンドロームと深い関係があります。続きを読む

中性脂肪を下げるためのレシピ

中性脂肪を下げるためのレシピといいますと、ダイエットレシピを考えてしまい、つい女性だけを意識しますが、男性にも適用できます。低脂肪でカロリーの低いレシピは男性でも考え作れるのです。おいしく栄養面にも考慮した手軽に作れるダイエットレシピのいくつかを紹介していきます。
中性脂肪値を下げるため、体重管理、減量などダイエットを目指す人や血液検査で中性脂肪が高いと診断された人にとって、健康的なレシピは欠かせないものです。なぜなら健康と食事はとても関係があるからです。例えばダイエットを効果的にできるためにはカロリー計算(コントロール)や栄養学の知識が役に立ちます。中性脂肪対策も考えたダイエットレシピで大事なのは食事です。ダイエットを効果的にするレシピについてカロリー、栄養、食材が基本になります。食材では米、肉、野菜、果物、豆類など各栄養素をバランスよくとることが、食事対策でコレストロールを下げるためにも大事です。いよいよ中性脂肪を下げるレシピですが、海草を使ったレシピはいかがでしょう。

続きを読む